左へ 右へ

ヨモギのチカラ!煎じる・嗅ぐ・風呂に入れる・塗るなどして昔から重宝されている植物

野菜のチカラ 2016年3月30日

2015_07_02ヨモギはキク科の多年草で、別名モチグサ(餅草)、エモギ、サシモグサ、サセモグサ、サセモ、タレハグサ、モグサ、ヤキクサ、ヤイグサなどと呼ばれています。本州以南の日本、朝鮮半島および南西諸島から台湾に分布し、山野に普通に見られる植物です。夏から秋にかけて茎を高く伸ばし、目立たない花を咲かせます。

続きを読む

過敏性腸症候群とは?ストレスをためやすい方はご注意を。規則正しい生活が大切

身近な病気 2016年3月23日

2015_07_01過敏性腸症候群とは、腸の検査をしてもポリープ、炎症といった異常がないにも関わらず、慢性的な便秘や下痢が起こる状態です。便秘、下痢が発生する際には痛みを伴いますが、排便すると痛みが軽くなります。20~40代に多く、ストレスの多い先進国に多い病気です。死に至るような病気ではありませんが外出先での急な発症などでQOL(生活の質)を著しく低下させてしまうため非常に深刻な問題です。

続きを読む

ゴマのチカラ!「白ゴマ」「黒ゴマ」「黄ゴマ(または金ゴマ)」抗酸化物質「セサミン」

野菜のチカラ 2016年3月16日

ゴマは、ゴマ科ゴマ属の一年草です。主に種子を食用として利用しています。

ゴマは、種皮の色によって「白ゴマ」「黒ゴマ」「黄ゴマ(または金ゴマ・茶ゴマと呼ばれることもあります)」の3種に分かれます。欧米では白ゴマがほとんどであり、アジアでは白黒半々、黄ゴマは主にトルコで生産されています。

続きを読む

自然気胸とは?男性に多い病気「胸の痛み」「呼吸困難」「咳」

身近な病気 2016年3月9日

自然気胸は、肺気胸とも呼ばれる病気で、何らかの原因により肺に穴があき、空気が漏れて胸腔(きょうくう)に溜まってしまう病気です。肋骨のおかげで胸部が外見上膨らんで見えることはありませんが、肺が空気に押しつぶされて縮んでしまいます。つまり、自然気胸とは、肺に穴が開き空気が漏れ縮んでしまう病気なのです。30歳代までのやせ形の男性に多くみられる病気で、一度かかると再発しやすいので注意が必要です。

続きを読む

タンポポのチカラ!ノンカフェイン「タンポポコーヒー」カルシウム、ビタミン、鉄分

野菜のチカラ 2016年3月2日

2015_05_2タンポポは、キク科タンポポ属の多年草です。古くはタナやフジナと呼ばれていました。「タンポポ」は本来は「鼓」を意味する言葉でしたが、江戸時代に「鼓草」と呼ばれていたことから、植物もタンポポと呼ばれるようになったと言われています。

タンポポは花や葉そして根と全ての部分が食用になります。ヨーロッパではサラダ用の葉の大きな品種があり、サラダにして生で食べられています。日本でも江戸時代には救荒植物として栽培が推奨されていました。

続きを読む
1 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48