左へ 右へ

ほてりとは?

体の不調 2017年4月26日

2017_04_04一般的には、異常な熱感のことを「ほてり」といいます。手や足など色々なところで発生しますが、その中でも頭や顔で起こったものを「のぼせ」といいます。精神的に恥ずかしい思いをすると発生しますが、それ以外にも様々な原因により発生することがあります。

大量の汗を伴い、ほてりの後に悪寒を感じる「ホットフラッシュ」という症状もほてりの一種です。

続きを読む

キクイモのチカラ!

野菜のチカラ 2017年4月19日

2017_04_03キクイモは、キク科ヒマワリ属の多年草です。キクイモ以外にもアメリカイモ、ブタイモ、サンチョーク、エルサレムアーティチョークなどの別名があります。北アメリカ原産で、世界中に外来種として分布しています。

日本には1850年代から1860年代に初めて導入され全国に定着が拡大していますが、河川敷や草地に生育する在来種の植物と競争し、駆逐する危険性があるため、外来生物法によって要注意外来生物に指定されています。

続きを読む

五十肩とは?

体の不調 2017年4月12日

2017_04_02五十肩とは、骨折や脱臼など特別な外傷や病気が無いにも関わらず発生する痛みのことです。40~50代に発生しやすい病気で、肩周辺に炎症が起こることが原因です。発症率は2~5%ほどで、痛みは肩だけにとどまらず腕まで及ぶこともあります。また、左右の肩に同時に発症することは少なく、ほとんどはどちらか一方に発症します。ただし、時期をずらして両肩が痛くなるケースもあります。

続きを読む

タマネギのチカラ!

野菜のチカラ 2017年4月5日

2017_04_01タマネギは、ネギ科の多年草です。原産地は中央アジアといわれています。栽培は古く、紀元前のエジプト王朝時代には、ニンニク等と共に労働者に配給されていました。

日本へは、江戸時代に長崎に伝わったといわれていますが、その際は観賞用として用いられました。食用では、明治4年に札幌で試験栽培されたのが最初とされ、明治11年、札幌農学校教官のブルックスにより本格的な栽培が始まりました。

続きを読む

扁桃炎とは?

体の不調 2017年3月29日

2017_03_5扁桃は、のどの奥の左右にある、アーモンドくらいの大きさの組織です。扁桃はリンパ球という免疫組織が豊富な場所ですが、何かを分泌しているわけではありません。そのため、昔は「扁桃腺」と言われましたが、これは医学的には不正確であるため、最近は扁桃と呼ばれることが多くなりました。

続きを読む
1 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 46