野菜のチカラ

野菜のチカラ

イチョウのチカラ!

野菜のチカラ 2018年8月1日

18_0801イチョウは中国原産で、日本には平安時代頃に渡来したと思われます。今では日本、朝鮮半島、中国で広く栽培され特に寺社の境内には老樹をみることが出来ます。種子利用の他、葉は薬用に栽培が盛んです。

イチョウの葉は、秋になると美しく黄色になりますが、琉球列島の南西諸島では温暖のため黄変しません。黄葉になるには、冷気が必要です。

続きを読む

あわのチカラ!

野菜のチカラ 2018年7月18日

18_07_03あわは、イネ科のエノコログサを原種とする1年草で、原産地はインドの辺りとされています。アジア、ヨーロッパ中南部、エジプト、アメリカなどの高地で栽培され、中国では紀元前2700年ごろすでに栽培されていた五穀の1つです。日本では縄文時代にすでに栽培されており、イネの渡来以前は主食にしていました。オオアワとコアワがあり、日本では主に穂の大きな前者が栽培されています。

続きを読む

マタタビのチカラ!

野菜のチカラ 2018年7月4日

18_07_01猫にマタタビと言いますが、猫がこれにじゃれる様子はものすごく、また疲れ切った旅人がマタタビの実を食べて、さらに元気百倍旅を続けたというマタタビ語源説があります。

マタタビは山地の沢沿いなどに多くみられる落葉性のつる性植物です。茎は褐色で他の植物にからみつきよくのびます。開花するころになると枝先の葉は表面がろうのような物質でおおわれており、部分的に白くなります。そのため遠くからでもよく目立って見えます。

続きを読む

ニンニクのチカラ!

野菜のチカラ 2018年6月22日

18_0603ニンニクは、古代エジプトのピラミッドの建築に働く奴隷の食事やギリシャ、ローマ時代の兵士の主食でもありました。
昔から食するとスタミナがつくと言われています。

続きを読む

トマトのチカラ!

野菜のチカラ 2018年6月1日

1805_04トマトはペルーが原産地で、16世紀中頃にはイタリアで「黄金のりんご」とよばれてトマトソースなどに使われ、17世紀初めにヨーロッパ全域に普及しました。日本では江戸時代に貝原益軒の「大和本草」に「唐柿」の名で観賞用雑草として記載されています。明治初期に野菜として再輸入されました。
栽培が普及したのは昭和以降で、近年は周年栽培され季節を問わず流通しています。旬はやはり夏で、完熟して香り豊かなトマトは太陽からの最高の贈り物です。用途は広く、生食用、ケチャップ、ジュース、フォールトマトなどに利用されています。

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 16