身近な病気

身近な病気

溶連菌感染症とは?

身近な病気 2016年2月3日

2016_01_01溶連菌とは「溶血性連鎖球菌」の略。いわゆるバイ菌で、病原性の強い細菌のことです。それに感染する溶連菌感染症は冬に流行します。
特に子供に多い病気ですが大人も発症する病気です。しかも子供と大人では症状が異なり、特に大人の場合は風邪と似ているケースが多く、放置して悪化すると大きな病気につながる可能性があります。
疲れがたまっていたり、免疫力が低下していると感染しやすく、妊婦や高齢者は特に注意が必要です。

続きを読む

スギ花粉症

身近な病気 2015年9月29日

kafun今月のテーマは 「スギ花粉症」です。

スギ花粉症は、日本で一番多い花粉症で、 花粉症患者の7割、およそ2500万人が患 っているといわれています。

これは、スギ林 が全国の森林面積の18%、日本の国土の12% を占めており、この大量のスギが生み出す花 粉量の多さが直接の原因となっているためで す。そのため、スギの木がない沖縄県や花粉 の飛散量が少ない北海道では、スギ花粉症患 者は大変少なくなっています。

続きを読む
1 2 3 4 5 6