飛騨地方について

日本最古の恐竜卵殻化石

阜県高山市荘川町は、恐竜を含む、数多くの脊髄動物の化石が発見されています。2021年7月には、荘川町で見つかっていた卵殻化石が、恐竜類の卵殻化石としては国内最古となることが分かりました。

化石の宝庫、荘川

高山市荘川町には、手取層群と呼ばれている約1億6千万年前のジュラ紀から1億2千万年の白亜紀にかけて堆積した、動植物化石が含まれている中生代の地層帯が広く分布しています。2013年10月、高山市が開催した「化石発掘体験教室」で地元小学生が恐竜の化石を発見してニュースになりましたが、それ以外にもジュラ紀や白亜紀に生息した動植物の化石がたくさん見つかっています。

日本最古の恐竜の卵が発見

2021年7月、、1988年以降に高山市荘川町で見つかった複数の卵の殻の化石を調査した結果、その一部が日本最古の恐竜のものとみられることが明らかになり、またしてもニュースとなりました。以前より手取地層からは魚類やカメ類、恐竜類など多様な脊椎動物の骨化石が産出していましたが、その詳細な分類は不明のままでした。

今回認定された最古の化石は、北半球に生息していた「トロオドン科」の恐竜の卵の殻とみられ、およそ1億3000万年前の地層から発掘されたということです。

研究グループによると、岐阜県はかつて、恐竜にとって繁殖に適した環境だったとみられています。前期白亜紀は世界的にも卵殻化石の発見が乏しい時代であるため、今回の発見は恐竜の進化や生態を考える上で貴重な資料になると期待されています。

 
kaseki

写真:ジュラ紀化石産地の展示