野菜のチカラ

小豆のチカラ!

azuki-1東アジアが原産、マメ科の一年草である小豆。日本では古くから親しまれ縄文遺跡から発掘されている他、奈良時代の「古事記」にも記載があります。

また、小豆の特徴が名前の由来とされ、「あ」は「赤色」、「つき」及び「ずき」は「溶ける」意味があり、赤くて煮ると豆が崩れやすいことからその名前が付いたとされています。

azuki-2日本の主産地は北海道で、国内生産量の約8割に上り、空気を多く含むふかふかした火山性土壌が小豆の
栽培環境に適しています。
そんな小豆はタンパク質のほか、豊富な食物繊維、赤ワイン以上のポリフェノールなどを含み、非常に栄養が豊富。ポリフェノールは調理の際に、煮汁に溶け出してしまうので、ぜんざいやお汁粉などにして煮汁も残さず食べたいものです。