野菜のチカラ

カミツレのチカラ!

カミツレカミツレはヨーロッパが原産のキク科の植物。一般にはカモミールと呼ばれ、ハーブティや精油などが親
しまれています。その語源は古代ギリシア語で「地上のりんご」を意味する「カマイメロン」。初夏から夏にかけて、白い花びらのマーガレットのような花を咲かせますが、それには甘い蜜のような香りがあり、よくりんごの香りに例えられます。

その歴史は古く、4千年以上前には用いられていたといいます。

クレオパトラが安眠のために利用していたことや、イギリスの童話「ピーターラビット」でお腹が痛いピーターにお母さんがカモミールティーを出すなど、ヨーロッパでは実に身近で万能なハーブ。

リラックスや、痛みや痒み、そして肌の調子を整えるなど、期待できる働きは多岐に渡るとされ、ハーブティ以外にも、サプリメントやスキンケア用品にも利用されています。