野菜のチカラ

キクイモのチカラ!

imoキクイモ(菊芋)は、北アメリカ原産の多年生草木で、9月から10月頃にヒマワリに似た黄色い花をつけます。生命力が強く、河川、原野、休耕地などに群生します。晩秋に枯れた地下茎の先端に多数の芋をつけます。キクイモは、ブタイモ、イシイモ、カライモなどとも呼ばれます。江戸時代にイギリスの公使によって持ち込まれたのが、わが国における栽培の始まりです。
キクイモには、果糖、イヌリン、ミネラル分、ビタミン類、食物繊維などが豊富に含まれています。そのため、キクイモは、糖尿病の予防や肥満の予防によいといわれています。

現在は、主に漬物用として栽培されています。味噌漬けにすると、さわやかな風味とシャキシャキ感が食欲をそそります。