野菜のチカラ

セロリのチカラ!

2017_02_2セロリは、ヨーロッパ、西アジア、インドなどが原産で、紀元前から薬用、におい消しとして利用されていました。日本へは、16世紀に加藤清正が朝鮮出兵の際に持ち帰ったといわれています。そののち、1800年頃にオランダ船により運ばれましたが、強い香りのために普及しませんでした。一般的に広がったのは、戦後食事の西洋化が進んでからです。

セロリは、ビタミンAやビタミンC、カルシウム・鉄分・マグネシウムなどを含み、非常に栄養豊かな食材です。食物繊維も豊富ですので、便通や脂が気になる方にもおすすめ出来ます。セロリ特有の香りに含まれる精油成分は、口の中をさっぱりさせるので、油っこい料理のつけ合わせに利用されます。生で食べると、更に食欲増進効果があります。また、精神安定や、頭痛にもよい働きがあるといわれています。

セロリは、茎が太くて肉厚、内側のくぼみが狭く、香りが強く葉が青々としていてパリッとしているものが良質です。