野菜のチカラ

シイタケのチカラ!

2015_09_02イタケは、ハラタケ目のシイタケ属に分類されるキノコです。
主に日本・中国・韓国で食用として栽培されています。特に日本では大変人気がありよく食されています。そのため英語でもそのまま「SHIITAKE」と呼ばれています。

シイタケは、主にシイなどの広葉樹の枯れ木に生えます。色は茶褐色で、綿毛状の鱗片があり、裏面は白色で、細かいひだがあります。シイタケによく似た外観のキノコで「ツキヨタケ」というものがありますが、これは毒キノコですので誤って食すると中毒を引き起こします。ツキヨタケは暗闇で青白く光るのでシイタケと区別することが出来ます。(ただし、古くなったツキヨタケは光らないことがありますのでご注意ください。)

シイタケは生でも良く使用されますが、乾燥させると旨み・香り成分が増します。

干したシイタケには歯や骨や神経の発育に大切なビタミンDが含まれています。また、フィトステリン、エリタデニン、レンチナンといった、健康維持に大いに期待される栄養素も含まれています。