身近な病気

加齢性難聴とは?

身近な病気 2018年10月18日

nancho加齢性難聴は、別名「老人性難聴」ともいわれます。人間の聴力の老化は通常20~30歳代から始まり、60歳以上になると対話の際に不便を感じる方も出てくると言われます。加齢性難聴は、よく「耳が遠い」と表現されますが、完全に聞こえなくなるということはなく、ごく生理的な症状です。しかし、その症状の表れ方には大きな個人差があり、90歳を超えても聴力に大きな変化がない人もいます。

加齢性難聴の原因

加齢性難聴の原因は、聴覚伝達器官の老化です。内耳にある音の大きさや高低を感じる感覚毛が減少し、内耳神経や聴覚神経の細胞も減少していきます。そのため、音が徐々に聞き取りにくくなります。

また、過度の騒音も難聴を促進する原因となります。若いうちから日常的に騒音にさらされていると聴覚に影響があります。

その他、高脂血症、糖尿病などにより、内耳の血流が悪くなると、聴覚伝達器官の老化は早まってしまいます。高脂血症の方は約2倍、糖尿病の方は約4倍、腎臟病の方は約6倍リスクが高くなると言われていますのでご注意ください。

 

加齢性難聴の問題点

加齢性難聴は、本人は気付かないうちに進行し、初期では自覚症状がほとんどありません。両方の耳で同時に進行するのが通常で、「カ行」「サ行」「ハ行」が分かりにくい、携帯電話の「ピー」という電子音など高い音が聞き取りにくい、声は聞こえるが何を言っているかは分からない、早口で話されると理解できない、電話の声が聞き取りにくい、周囲がうるさいと話が分からない、などの症状から始まります。

加齢性難聴には、とりわけ治療法がなく、補聴器の装用を勧められます。

しかし、本人に難聴の自覚がないため使用されないことも多々あるようです。難聴で耳から入る情報が減少すると、脳への刺激が少なくなります。その結果、脳の老化に発展することもあります。また、人によっては他人と上手くコミュニケーションがとれず人付き合いをさけるようになり、閉じこもってしまうこともあるといわれます。ご本人や周りの方が聴力の低下に気付いた場合は、専門医に相談し、補聴器などの対策を早めにとることが大切です。

 

聴力を守るために

加齢性難聴は、生活習慣により大きな個人差が生じるといわれています。聴力を維持するためには、以下のことに気をつけてください。

①騒音をさける

ヘッドホンの使用や大音量でのテレビなどは極力さけましょう。

②血行をよくする食事を

血液循環が悪くなると脳や神経に血液が十分に届かず、老化現象が表れやすくなります。カボチャ、イワシ、カツオ、大豆といったビタミンEを含んだ食品をとるようにしましょう。

③生活習慣病を予防する

高脂血症や糖尿病は大敵です。

加齢性難聴は、別名「老人性難聴」ともいわれます。人間の聴力の老化は通常20~30歳代から始まり、60歳以上になると対話の際に不便を感じる方も出てくると言われます。加齢性難聴は、よく「耳が遠い」と表現されますが、完全に聞こえなくなるということはなく、ごく生理的な症状です。しかし、その症状の表れ方には大きな個人差があり、90歳を超えても聴力に大きな変化がない人もいます。

 

加齢性難聴の原因

加齢性難聴の原因は、聴覚伝達器官の老化です。内耳にある音の大きさや高低を感じる感覚毛が減少し、内耳神経や聴覚神経の細胞も減少していきます。そのため、音が徐々に聞き取りにくくなります。

また、過度の騒音も難聴を促進する原因となります。若いうちから日常的に騒音にさらされていると聴覚に影響があります。

その他、高脂血症、糖尿病などにより、内耳の血流が悪くなると、聴覚伝達器官の老化は早まってしまいます。高脂血症の方は約2倍、糖尿病の方は約4倍、腎臟病の方は約6倍リスクが高くなると言われていますのでご注意ください。

 

加齢性難聴の問題点

加齢性難聴は、本人は気付かないうちに進行し、初期では自覚症状がほとんどありません。両方の耳で同時に進行するのが通常で、「カ行」「サ行」「ハ行」が分かりにくい、携帯電話の「ピー」という電子音など高い音が聞き取りにくい、声は聞こえるが何を言っているかは分からない、早口で話されると理解できない、電話の声が聞き取りにくい、周囲がうるさいと話が分からない、などの症状から始まります。

加齢性難聴には、とりわけ治療法がなく、補聴器の装用を勧められます。

しかし、本人に難聴の自覚がないため使用されないことも多々あるようです。難聴で耳から入る情報が減少すると、脳への刺激が少なくなります。その結果、脳の老化に発展することもあります。また、人によっては他人と上手くコミュニケーションがとれず人付き合いをさけるようになり、閉じこもってしまうこともあるといわれます。ご本人や周りの方が聴力の低下に気付いた場合は、専門医に相談し、補聴器などの対策を早めにとることが大切です。

 

聴力を守るために

加齢性難聴は、生活習慣により大きな個人差が生じるといわれています。聴力を維持するためには、以下のことに気をつけてください。

①騒音をさける

ヘッドホンの使用や大音量でのテレビなどは極力さけましょう。

②血行をよくする食事を

血液循環が悪くなると脳や神経に血液が十分に届かず、老化現象が表れやすくなります。カボチャ、イワシ、カツオ、大豆といったビタミンEを含んだ食品をとるようにしましょう。

③生活習慣病を予防する

高脂血症や糖尿病は大敵です。