身近な病気

スギ花粉症

kafun今月のテーマは 「スギ花粉症」です。

スギ花粉症は、日本で一番多い花粉症で、 花粉症患者の7割、およそ2500万人が患 っているといわれています。

これは、スギ林 が全国の森林面積の18%、日本の国土の12% を占めており、この大量のスギが生み出す花 粉量の多さが直接の原因となっているためで す。そのため、スギの木がない沖縄県や花粉 の飛散量が少ない北海道では、スギ花粉症患 者は大変少なくなっています。

スギ花粉症とは、スギ花粉に対して人間の 体が起こすアレルギー反応で、体の免疫反応 が過剰に反応することにより発症します。花粉が目や鼻に入ると、体は「くしゃみ」に よって花粉を外に排出しようとしたり、 「鼻水」や「涙」といったもので洗い流そ うとしたりするため、花粉症の症状が発生 します。 花粉症は、誰でも発症する可能性はありま すが、特に「①花粉症以外のアレルギーを 持っている」「②家族に何らかのアレルギ ーを持っている人がいる」方は発症する可 能性が高くなります。また、大量に花粉を 摂取すると、体が花粉に対する「抗体」を 産生する可能性が高くなり、それがきっか けで花粉症を発症することもあります。

スギ花粉症の症状

スギ花粉症の代表的な症状は、「くしゃ み」「鼻水・鼻づまり」「目のかゆみ、涙目」などです。また、重度の花粉症になる と、その他にも「食欲減退」「悪心(吐き 気)」「頭重感」「全身の倦怠感」などが 表れます。こうした症状が毎年同じ時期に 発生する場合は、花粉症の可能性が高いと 思われますので、医療機関による検査をお 勧めします。早期に治療を開始することに より、粘膜の炎症の進行を止め、症状の重 症化を防ぐことができます。

花粉症を予防する、または症状を軽減 するために、様々な方法が紹介されてい ますが、中には実際に効果があるかどう か不明なものもあるので注意が必要です。 医師がおすすめしているものには、以下 のようなものがあります。

①マスクの使用
②外出後のうがい
③外出後の洗顔
④メガネ
⑤帽子
⑥表面がすべすべした着衣

こうしたものは、花粉の付着を防ぐのに 役立ちますが、完璧に防げるということ ではないので過信は禁物です。また、そ の他にも体調を整えるという点で
①睡眠をよくとる
②酒・たばこを控える
③生活習慣を整える などは、一般的な注意事項として大切で す。