身近な病気

自然気胸とは?

自然気胸は、肺気胸とも呼ばれる病気で、何らかの原因により肺に穴があき、空気が漏れて胸腔(きょうくう)に溜まってしまう病気です。肋骨のおかげで胸部が外見上膨らんで見えることはありませんが、肺が空気に押しつぶされて縮んでしまいます。つまり、自然気胸とは、肺に穴が開き空気が漏れ縮んでしまう病気なのです。30歳代までのやせ形の男性に多くみられる病気で、一度かかると再発しやすいので注意が必要です。

自然気胸の症状

自然気胸とは、基本的に原因が不明な気胸のことをいいます。自然気胸は、一時的に空気が漏れても多くの場合は自然に塞がって治癒し、漏れた空気は血液中に溶け込み消失します。そのため、特に大事に至ることなく自然治癒する場合が多いのですが問題は穴がふさがらず空気が漏れ続ける場合です。気胸の症状として「胸の痛み」「呼吸困難」「咳」があげられますが、こうした症状がいつまでも続くことになります。さらに空気が大量に漏れた場合は心臓を圧迫してショック症状を引き起こすこともあります。また、ほとんどありませんが、両肺が同時に気胸となった場合は非常に危険な状況といえます。

気胸の種類

気胸には、原因不明な気胸と、原因が分かる気胸があります。原因不明なものが自然気胸ですが、この自然気胸も大きく分けて2つに分かれます。

1・突発性自然気胸
突然原因不明で起こる気胸です。
2・連発性自然気胸
肺気腫・肺がんといった、何らかの肺の病気により発生する自然気胸です。
持病 がある方に発生するため、高 齢者に多くなります。

また、自然気胸以外には、外傷による気胸(交通事故などで肺に損傷を負った場合)、月経随伴性気胸(げっけいずいはんせいききょう)(女性の月経の前後に発症する気胸)があります。

自然気胸の予防法

自然気胸は、原因が判明していないため、明確な予防法も確立されていませんが、「喫煙」は肺に直接負担をかけるため、出来れば禁煙したほうがよいと考えられています。また、他の病気にも共通していますが、「十分な睡眠」「バランスのとれた食事」には気を配る必要があると思われます。連発性自然気胸の場合は、原因となる病気の完治が最重要となります。