果物のチカラ

キイチゴのチカラ!

kichigoキイチゴはバラ科の落葉低木で、世界で400種以上、日本では50種以上が自生しています。赤い実で耐寒性のラズベリーと、赤黒い実で耐暑性のブラックベリーとがあり、日本には、ラズベリーが自生します。キイチゴは、栽培が簡単で花がかわいらしく実がおいしいため、家庭園芸で人気があり、果実は生食、ジャム、イチゴ酒などに、また根は生薬に利用されています。完熟した果実は、各種の有機酸、ブドウ糖、果糖、ビタミンC、アントシアニン色素、タンニンなどが豊富です。果実やイチゴ酒は美肌、疲労回復、食欲増進などによいとされています。

イチゴ酒について

完熟した果実を採取し、広ロビンに入れ25度のホワイトリカーを約3倍量加え、密閉し冷暗所に3ヶ月ほど置くと出来上がります。中身は引き上げて使用します。