果物のチカラ

ブルーベリーのチカラ!

2017_01_2ブルーベリーはツツジ科スノキ属シアノコカス節に分類される北アメリカ原産の落葉低木果樹の総称です。果実が濃い青紫色に熟すことからブルーベリーと呼ばれています。北半球の各地に自生する種類があり、日本にはクロマメノキ、ナツハゼ、シャシャンボなどが知られています。欧米では昔から野生のブルーベリーの果実を摘んで食用にしていました。20世紀の初めよりアメリカ、カナダ原産の種類から品種改良が始められ、今日では世界の温帯圏で広く栽培される果樹になっています。

ブルーベリーには、体によい色素「アントシアニン」が豊富に含まれており、サプリメントとしても有名です。目の働きを高めるとされ、イギリスの空軍パイロットが毎日食したところ、非常にはっきりと見えたことから研究が始まったと言われています。その他、食物繊維も豊富に含まれています。